君を守るためなら、地位も名誉も肩書きも…命さえも惜しくない

君を守るためなら、地位も名誉も肩書きも・・・命さえも惜しくない。

 

 

 

って言ってあげてますか?

自分の中の女性性に。

 

 

 

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

 

私は

自分の中の女性性の願い

ときめきや安心感、感じたいこと、こうなったら嬉しい、という願望を叶えてあげるためにこそ

自分のなかの男性性を発揮しましょう。

 

と、ブログや講座内でお伝えしています。

 

 

まあ、そんなこといっても

人によって自分の中の女性性の性質は異なるので

 

「私を守りたいなら、地位とか名誉とか肩書きをまず守り通しなさいよっっっ!!!」

 

というタイプの女性性(地の女性性が強いタイプの方)の場合だと

「ロマンチックも大概にして現実みてよね!」

となるので一概には言えないんですけれど・・・

 

「命あってこそ働けるんだから、命惜しくないとか言ってないで、働いて私のところにお金を入れなさいよっっっ!!」

 

・・・まあ、そうなんですけど。
^ ^ ;

 

でもね、そうやって女性性と男性性が関係性を作っちゃうと、どんどん人生が味気なくなってしまうんです。

働いて、お金稼いで、たまに遊び行って

はい、また働いて〜。

 

そのルーティンの生活です。

人生で新しいことが、何も起きないんです。

 

 

あと、こういう場合もありますね。

口だけの男性性。

 

「君を守るためなら、地位も名誉も肩書きも・・・命さえも惜しくないぜっ!」

 

みたいなことは口では言うんだけど

「あっ、ごめん!今夜は仕事の付き合いでどーしても断れない飲み会なんだよねー!必ず埋め合わせはするからさっ!!」

ていう。

日本では「仕事の付き合いなら、しょうがないよね」っていうノリが当たり前になってるかもしれません。

でも、こんなささいなことの積み重ねでも、女性性は傷ついていきます。

 

大切なのは、女性性を大切にする想いを、行動で示すこと

 

口で言うのも勇気がいるけど、

それでも、口でいうだけなら勇気(もしくは無責任さ)があれば誰でもできるんですよ。

 

一番たいせつで、

かつ、一番難しいのは

 

行動で示しつづけることです。

 

行動し続けるって、勇気だけじゃなく、覚悟がなければできないからです。

 

 

現実を見すえながらも
(地の女性性エネルギー)

夢やロマンを忘れずに
(水の女性性エネルギー)

情報を得ながら計画し
(風の男性性エネルギー)

情熱を胸に進んでいく
(火の男性性エネルギー)

 

こんなふうにバランスをとっていけたら、

人生って、もっとエキサイティングだし

 

それでいて潤いがあって

なぜか深い安心感もあり

すがすがしく爽やかな気分でいられるんですよ。

 

バランス、大事です

 

とにかく私も、行動で示し続けようと思います。

 

 

剣れいや


プロフィール
>>>

「君を守るためなら、地位も名誉も肩書きも…命さえも惜しくない」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です