制限があるから、クリエイティブになれる。

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

現在、ひきこもった状態でどれだけ楽しいことができるかを研究中。

 

「おうちキャンプ」って楽しそうだな、と思ったのですが

テントもないし、ベランダが狭いから火を使うのもどうか?とか、いろいろ考えました。

 

 

ベランダに布で屋根っぽいものをつくろうかとも思ったのですが

風が強かったので断念。

 

結局、ベランダの柵に布を張って、マルチカバーをかける作戦に。

 

 

そしてこの前買った、まるごと一個のパイナップルが家にあったので、焼きパイナップルを作ってみることにしました。

 

パイナップルをまるまる一個とか、普段は買わないのですが、先日なんとなく気になって買ってみました。

切ってみると、

みずみずしい果肉がきらめき

トロピカルな甘い香りがただよいます。

しかしパイナップルの表面ってゴツいですね。

いかつい、というか。恐竜っぽい迫力がある。

このあと皮のまわりに切れ込みをいれて、果肉をとりだしていきます。

(写真撮り忘れた!)

 

今回は、フライパンで焼いてみました。

 

そして果肉を焼いたものがこちらになります。

 

 

 

 

ちょっとプロセスぶっとばしましたが、こんな感じになりました。焼き立てはホカホカで、よりジューシーに。

 

 

ベランダに作ったスペースに持っていきます。

 

 

音楽をかけて、お茶のみながら。

 

 

 

 

やわらかジューシーな焼きパイナップル。

 

 

実は、焼いていない生パイナップルも、角切りにして底にしのばせていました(笑)

 

 

生パイナップルも美味しい。

ジューシーかつ芳醇な南国の香りが口の中いっぱいに広がり、心はつかのまのパラダイスへ。

 

 

これはくり抜いたときのパイナップルジュース、果肉入り。

これもまた美味しい。

 

 

いごこちのいい空間と、

美味しいもの。

 

 

そんな中で話がはずめば

日が暮れて寒くなってきてるのに、なんだか心はあたたかい。

 

 

「まるごとパイナップル」の存在感はすごい。

 

圧倒的主役感。まさに王者の貫禄です。

 

 

 

なんというか、

 

 

おうちキャンプをしようと思って動き出したのに

これじゃおうちリゾートですね。

(むしろパイナップルが単体でリゾート感を盛り上げてくれちゃっているんですが)

 

 

 

 

ちなみに、パイナップルたくさん食べすぎると口の中がピリピリしませんか?

熟れてないパイナップルはさらにピリピリしますね、

 

 

あのピリピリの原因は、パイナップルの中に含まれる「タンパク質分解酵素」の作用なのだそうです。

パイナップルの酵素は、調理する前のお肉の下ごしらえに使うと、たったの20分でお肉を柔らかくしてくれるらしいですよ。

 

(今回、美味しくてたくさん食べすぎて少しピリピリしたので、私のタンパク質も多少分解されましたね)

 

まだ皮の周りのパイナップル果肉が残っているので、それを使って肉用のソースも作ってみようかと思案中。

 

 

制限があるから、クリエイティブになれる

 

10年以上前なのですが

アメリカのディズニーアトラクションの企画や設計を行っている、ディズニーの開発チームが書いたアイディア書みたいな本を読んだのを思い出しました。

 

その本の中に

「新しいクリエイティブなアイディアは、無限の可能性の中からではなく、あらゆる制限の中からうまれる

ということが書いてあったのを記憶しています。

 

当時は

「制限なんかあっても、苦しいだけじゃないだろうか。できることなら、お金も時間も潤沢にあって、条件的にも縛りがない状態が理想じゃないのか」

なんて思っていましたが

 

あれから試行錯誤してみて思うのは、「あの本が言っていたことは本当だったんだ!」ということです。

 

制限がある状態でとことん自分と向き合って、その状況下でも熱量がわいてくるようなものと出会えた時、いちばん純粋な自分の望みに気づけて、前進できた。

 

 

状況は変えられなくても、自分自身の捉え方を変えることはできる。

 

捉え方を変えたら

自分の中の定義が変わり

価値観が変わり

自分自身の行動が変わる。

 

行動が変わると、目の前の現実が変わっていく。

それを実感しながら生きてきました。

 

 

そのプロセスのことを、成長って言うんだなあと。

 

成長という言葉の定義が、自分の中で書きかわりました。

 

成長しつづけることさえできれば

どんどん枠に気づき

枠がはずれ

新しい自分にバージョンアップしていく。

 

そしたら、過去に問題だと思っていたことは、当然のように乗り越えられるハードルであったことに気づく。

 

 

いろいろな制限の中で生きるために。

 

こういう時こそ、ものごとの堅苦しい定義からちょっと足を離してみて

 

 

いろんな工夫をしながら、人生を楽しめたらいいですよね。

たった一度の人生だから。

 

 

これまで当たり前のように持ち続けていた

「自分にとっての幸せとはなんなのか」

それを考え直すタイミングでもあるなあと感じます。

 

 

 

 

剣れいや

 

 


はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

「制限があるから、クリエイティブになれる。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です