成功者のマネをしても、成功できないとき。オンリーワンで一人勝ちするための掟

 

自分よりうまくいっている人の存在は、気になる。

「結果を出している人をそのまま再現できなければ結果は出ない」

そんな言葉を聞いた。

 

よし、マネしてみよう

 

最初は、ひたすら、その人のマネをしてみる。

その人になったつもりで、ひたすら。

 

 

でも、そのうち違和感を覚える。

やってみて、自分らしくないと感じたり

やりすぎて、後悔したり

 

「なんか違う・・・」

 

 

そしたら、この感覚を大事にする。

 

「自分らしくないぞ」という、その感覚を。

 

 

脳はいろいろ言ってくる。

「結果を出している人の真似をしなければ結果は出ないんだぞ」。

 

 

もちろんそのとおりだが

その格言はシンプルであるがゆえに

落とし穴にもなる。

 

 

もちろん、なにごとにも基本はある。

 

車にガソリン入れて

エンジンかけて

サイドブレーキ解除して

アクセル踏まないと走り出せない。

 

 

 

 

でも、そこから先は、誰の言うことが正しいのか?

 

 

 

それは、

生まれてきた目的が違うからである。

 

 

車の例でそのまま例えてみよう

 

 

ひたすら走りを追求するために生まれた人。

居心地の良さを追求するために生まれた人。

美しい外観を磨きあげるために生まれた人。

仲間と共に旅をするために生まれた人。

命の危機に瀕した人を助けるために生まれた人。

必要な人のもとへ、物や情報を運び届けるために生まれた人。

 

 

自分の目的のために、車種を選んで生まれてきてる。

 

 

居心地の良さを追求するために生まれているのに

走りを追求するひとの真似をしていたら、幸せになれない。

早くそれに気づいて、自分のエネルギーを自分の満足に向けること。

 

 

美しさを追求し、多くの人にときめきを与えるために生まれているのに

誰かに何かをしなければと緊急車両のように走り回っていると、人生がギスギスしてくる。

早くそれに気づいて、自分を磨くことをはじめよう。

 

 

他人の意見にまどわされないこと。

 

多くの人は、目的と、迷いの中で、迷子になったままだ。

 

だから不安を持て余し、共感できる人間をみつけて仲間に入れようとしてくる。

 

 

でも、本当は、みんな違う。

 

親だって、先生だって、先輩だって、上司だって

みんな違う。

 

もともとちがう車種だし、ちがう目的で生まれてきてる。

 

 

ソウルメイトなどと言われる

運命共同体のような存在だったとしても

 

目的地が同じだったり、近かったりするだけだ

 

 

 

たとえば、「富士山にいく」という目標が一緒のソウルメイトでも

 

ひとりは、富士山の山頂からの景色を眺めることを想像するだけでワクワクしていて

もうひとりは、富士山のふもとの旅館でおいしいものを食べることが目的かもしれない。

 

 

自分とまったく同じ目的を持った人はいない。

 

 

それを、人によっては「孤独」と表現するかもしれないけど

この世界に自分という存在が、唯一無二の存在だからこそ

自分にしか提供できない価値ってものがある。

 

 

自分にしか提供できない価値に目覚めたら

オンリーワンで一人勝ち。

 

みんなが目覚めたら、みんなが一人勝ちである。

 

 

「そんなの勝ったことになるもんか!」と思うだろうか。

 

 

世界って、実はそんなもんなんだ。

 

「あ、必死になって勝たなくても、最初から一人勝ちなんだ」

 

と、気づくこと。

 

 

もともと、あなたはオンリーワンなんだから

あなたにしか提供できない価値があるんだ。

 

 

それさえできれば、世界がまったく違うものに見えてくる。

 

 

戦いたい人が、

これこそが世界だとおもって

不毛な戦いをつづけてるリングを

 

ふぉっと我にかえって

 

「あ、ただのゲームだったんだ」と気づく。

 

 

ゲームなんだから、やめようと思えば、やめられる。

自分の意思で。

 

 

自分ワールドで、一人勝ち、始めよう。

 

 

 

 

剣れいや


プロフィール
>>>

「成功者のマネをしても、成功できないとき。オンリーワンで一人勝ちするための掟」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です