LGBT当事者の方へのメッセージ

はじめまして。
剣れいや(つるぎれいや)です。

性自認はトランスジェンダー(FtX)であり、セラピスト、アーティストとして活動をしています。

過去に、自分自身がカウンセリングを受けようとサロンを探していとき「LGBTであることが理解されなかったらどうしよう」という不安を持った経験がありました。

当時、幸運にもLGBT当事者の方とカップルで運営しているセラピストさんのサロンをみつけることができ、自分の中の癒しが進み、自己開示ができるようになりました。

そんな経緯もあり、2015年にサロンをはじめるとき、私はLGBT当事者向けのサロンにしようと考えていました。

しかし、心理学やセラピーを学んだり様々な方と触れ合っていく中で気づいたのです。

世の中から偏見や差別が無くならないのは、LGBT当事者ではない方々も自分自身の中で苦しい部分を持っていて、そこが解放できずにいるからなのだと。

つまり、当事者と、そうでない人がいて、どうという話ではなく

みんな何かしら抱えていて、心が一杯一杯なのではないかと思ったのです。

 

LGBTが認知されるための活動というアプローチの他に、何か私にできることがないかと考えていった先に

枠を作らず、多くの方の心のケアを広げていくという選択にたどりつきました。

 

多くの人が癒されて、自分自身の価値観を大切にできたとき

はじめて他者のあり方を受け入れる心の余裕ができる。

 

そしたら、そこから先の世界は

理解されようと頑張る必要もなくなるのではないか、カミングアウトという言葉すら必要なくなるのではないかと、私は考えています。

 

剣れいや