新時代の七夕は女性性と男性性による革命が必要。織姫と彦星にひとこと言いたい。

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

私のブログは、女性性と男性性について知りたい方とか、生きづらさを解消したい方とか、自分を偽らず、ありのまま発揮して生きたいと行動している方に向けて発信しています。

女性の方はもちろんのこと、他人の望みを察知し自分の本音を抑圧してしまう性質でお悩みの男性の方からも、度々ご相談を受けます。

 

七夕と、女性性と男性性のバランス

さて

先日の七夕の日に、いつもの6倍近いアクセスがあってびっくりしたのですが

どうやら女性性と男性性のバランスと七夕という日がなんら関係しているとのことで、私のところにも訪問される方が多かったようですね。

 

まあ、社会のジェンダーやら職業やらの枠を何もかも捨て、生き方そのものを女性性と男性性で統合してしまった「女性性と男性性の変態」である私から一言言わせていただくと、女性性と男性性のバランスは、七夕の日だけじゃなくていつでも大切です。

 

わかりますよ。

ロマンチックですもんね。

一年に一度しか逢えない恋人。

 

でも、そんな切なさに浸っていてはだめです。笑

 

あなたの中の女性性と男性性は、いつでも一緒なんです。

常に統合することが大切です。

 

一年中ラブラブな状態こそが

正常な状態なんですよ。

私から見ると

女性性と男性性が「何年も口も聞いてない」といった

家庭内別居状態の方が多すぎます。

 

 

あと、本来の男性性がニセモノにすり替わって、自分内DVの常習犯になっている方。

 

「人生変えるなんて、お前なんかに無理無理!」

とか言われて

「私なんて何やってもダメ。夢も希望も持つ資格すらない」

とか思っている。

 

そりゃあインナーチャイルドも元気なくなります。

 

自分内仮面夫婦、卒業しましょう。

 

それで

七夕の話題ですね。

 

七夕はすごい!

この日1日しっかり意識したらずっと続く!

影響力が最大級!

 

とかだったら楽ですよね。

 

 

スピリチュアルをがっつりやってきた私ですが、エネルギーってのは、意識したら一瞬で変わる!という魔法のようなものでは、ないんです。

一瞬で現実が変わったように感じる方は、それまでずーーーーっと継続して取り組んできた方です。

スピリチュアルな能力も、スポーツとか楽器の練習や料理の腕と同じで、もともとの才能と、日頃の取り組みが合わさって、結果に結びつくんです。

例外なんてありません。

 

 

人によっては、七夕というイベントでワクワクして意識がむけやすくなるかもしれませんね。

でも意識することよりも大切なのは、継続です。

 

継続とは「意識しなくても、気づいたらやっちゃう」くらい、日常になじませること。

つまり、当たり前のレベルまで持っていくことです。

 

 

一時的な盛り上がりではだめなんです。

 

一時的にワー!ってなっても

1ヶ月後には、意識しようとしていたことすら忘れちゃってるんですよ。

悲しいかな、それが人間の性。

 

 

ワー!!っていう一時的な盛り上がりは

火の男性性のしわざ。

 

一時的に盛り上がって散っていく、ひと夏の恋みたいなもんです。

そう、花火のように。

 

だから、地に足つかなくてふわふわとスピリチュアル・ジプシーになっちゃってる方ほど、現実をしっかり直視して、行動を継続していく「地の女性性」を強化していきましょうね。

 

新時代の、織姫と彦星へ。

織姫と彦星は、これからの時代

年に一度の逢瀬を思いながら

364日間、ずっと恋い焦がれていてはいけません。

 

ずっと一緒にいられるにはどうすればいいのか?

そこにフォーカスし、作戦会議をしてください。

 

一年に一度逢えたなら、そのタイミングを逃してはなりません。

真剣に「一年に一度しか逢えない」という絶望的な現実に向き合い、これまでの流れに革命を起こすための作戦会議をはじめてください。いますぐに。

 

 

そのためにこそ、

「胸のうちにある切なる願いと、「なんとしてでも叶える!」という情熱を融合させる。

水の女性性と、火の男性性の融合。

 

そして、

「目の前の現実」をしっかりと受けいれ、「一体どうすれば叶えることができるのか?」そこにフォーカスし、知性を使って作戦を立てるのです。

地の女性性と、風の男性性の融合。

 

つまり、4つの観点でものごとにフォーカスした女性性と男性性のバランスが大切なのです。

 

もうね、これは何にでも応用可能。

恋愛はもちろんのこと、自己実現を望むすべての人に伝えたい!

 

大切なことなのでもう一度言います。これからの時代は、織姫と彦星も革命を起こしてください。

 

伝説をそのまま受け入れ「一年に一回しか逢えない」という状況に甘んじるのは終わりにしましょう。

 

過去の流れを断ち切るのです。

 

受け継がれていた伝説を、ただ受けいれるのではなく、

自分たちの思いで、自分たちの意思で、自分たちの手で、変えていくのです。

 

それが、自分の人生を自分の手で変えていくということです。

 

人生を「再創造」するのです。

 

リ・クリエイション

Re-creation(レクレーション)

 

再創造という言葉には、

余暇、娯楽という意味もふくまれています。

 

それは、これまで自分が受け入れてしまっていた常識に気づき、ワクワクとした情熱をもとに、遊びゴコロを発揮して、現実や常識を超え、斬新な改革をしていくこと。

 

これからの時代のスタンダードになっていく考え方です。

 

 

女性性のエネルギーは、ありのままを受け入れる性質です。

 

これからは女性性の時代の到来と言われますが、

それは、外側に見えるもの、現状をそのまま受け入れていきましょうということではありません。

 

自分自身の中の切なる願いや思いを知り、受け止める。

という意味において、

“受けいれる”「女性性」を発揮することが必要です。

 

そして、内なる男性性が望みを叶えるべく、スタートのエネルギーを外の世界へと向かわせていくのです。

 

「これまでずっとそうだったから」という理由だけで、それを前提にしてはなりません。

それがたとえ「伝説」であろうとも。

 

 

どんなに長い間、過去から連綿と続いていたことであっても、今この瞬間から変えていける。

 

一緒に、人生をつくり変えていきましょう。

 

 

剣れいや

★はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

「新時代の七夕は女性性と男性性による革命が必要。織姫と彦星にひとこと言いたい。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です