女性性と男性性のエネルギーについてつぶやく日記

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

今日は日記です。

感じたことを、女性性と男性性の観点でつぶやきます。

 


今日、今年最初のウグイスのさえずりを聴き、春だなあと思いながら

日が暮れてから買い物に出かけた。

 

行きの道で、満開のハクモクレンが街灯に照らされ、光のグラデーションみたいになっていた。

本当に綺麗なものを見た時って、圧倒される。言葉が出ない。

白い花のひとつひとつに注いだ逆光が綺麗だった。

 

逆光がきれいなのか?

ハクモクレンがきれいなのか?

 

照らす光と、光を受ける花。

ふたつが同時にあるから、この感動が生まれるんだろうと思った。

 

発するのは、男性性のエネルギー

受けとるのは、女性性のエネルギー

 

どちらかだけでは何も生まれない。

2つのバランスが大事なんだ。

 

逆光のハクモクレンの美しさの秘密は、きっとそのバランスにあるんだと思った。

 

 

そして、帰り道では、またびっくりさせられた。

 

すっかり日も暮れた帰り道

 

ただならぬ視線を感じた。

 

 

ふと見ると、バチっと目があってしまった。

 

ネコだった。

 

塀の上から瞬きもせず

私をじっっと見ていた。

 

しばらく見つめ合っていたら

 

「ミャー」

と言われた。

 

 

意味はわからなかったが、なにか重要なことを教えられたような気がした。

 

 

ネコがじっと私を見ていなかったら、私はネコの存在に気づかなかったかもしれない。

もし私が気づかなかったら、

 

私の脳内現実では

「帰り道にネコなんか居なかったよ」ということになっていたはずだ。

 

 

ネコが発し手で、

私が受け手。

 

発するのは、男性性のエネルギー

受け取るのは、女性性のエネルギー

 

今回の件も

ネコと私

どちらかだけでは成り立たなかった。

 

ネコがこちらを見ていたこと
私がネコに気づいたこと

今回の出会いには、この両方が必要だったのだ。

 

コミュニケーションの話にも通じるな、と思った。

 

女性性と男性性のバランスの秘密は、こんな何気ない一瞬の出来事にすらも隠されてるんだ。

興味深いので、もっといろいろ探してみようと思った。

 

剣れいや


プロフィール
>>>

「女性性と男性性のエネルギーについてつぶやく日記」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です