【②実践編】疲れたカラダとココロを一晩で満たすキャンドルバスタイム。お家でできるリラックス入浴法

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

 

前回の記事では、エネルギーというものを意識をするだけで

私たちの身体や心のメンテナンスにどのような効果があるのかをお伝えしました。

前回の記事【①解説編】疲れきったカラダとココロを一晩でリッチに満たす方法

 

今回の記事で、具体的な方法をお伝えしていきますね。

それではさっそく見てみましょう。

【おうちスパ】家でもできる、ロマンティックなリラックス入浴法

【用意するもの】
◎お風呂
◎バラの花
◎塩(岩塩 or あらじお)
◎キャンドル

※さらにリラックスしたいときは・・・

☆リラックスできる音楽
☆リラックスできるアロマ、お香など

をご用意ください。

それでは順を追って説明していきます。

 

 

【1】熱すぎない湯加減で、お風呂にお湯をいれます。

心地よいと感じる温度になるよう調整してみてください。

 

【2】塩を入れます。

塩の量は、お風呂のお湯をちょっとなめてみて

塩味がうっすら感じられるくらいの濃さがベスト。

 

【3】バラを置きます。

バラは、花の中で最も繊細な周波数を持つと言われています。

バラは何色でも大丈夫。その時の気分で選んでみてください。

 

【4】キャンドルを置いて、火を灯します。
☆ 音楽をかけたり、好きなお香やアロマを焚いたりすると、さらにリラックス効果がUPします。

★ご注意★
長いキャンドルの場合、倒れないようご注意ください。
燃えやすいものの近くには置かないでください。
シャワーカーテンやプラスチック製の壁などは特にご注意ください。

※ 炎が露出するタイプのキャンドルの場合、高さのあるキャンドルホルダーを使うなど、工夫してみてください。

【5】電気を消します。

 

【6】のんびり入浴します。

【リラックスの秘訣】

◎最初に深呼吸してみる。

◎悩みごとや、嫌な気持ちがでてきたら、それらを川に流すイメージをしてみる。

※普段意識していなかったような気持ち、これまでにない感情がでてきたら、リラックスできている証拠です。

リラックスすると、緊張しているときには気づかなかった気持ちが出てくるのです。

悲しくなったり、ネガティブな思いが出てきても、気にしなくて大丈夫!

「悩み事が出てきちゃった!リラックスしなきゃ…!」などと焦らずに

お腹でゆっくり呼吸をしてストレスを吐き出してしまいましょう!

 

温泉やスパやマッサージに行けないときでも、家で一晩でできるリラックス法です。

お家でできるリラックス法として、参考になれば幸いです。

 

剣れいや

 

 


はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

「【②実践編】疲れたカラダとココロを一晩で満たすキャンドルバスタイム。お家でできるリラックス入浴法」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です