情報は自分の責任で選ぶ時代。いろんな情報に翻弄されてユウウツになってませんか?

 

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

 

これからの時代の変化は、

依存の時代から、自律の時代
という流れになっていきます。

自「立」ではなく
自「律」なのがポイント。

 

自分がどんな意図で何を選ぶのか、

自分の判断で生きる時代がきてます。

 

情報は自分の責任で選ぶ時代。

情報を鵜呑みにしない。

世の中に氾濫する情報の渦。

どれを信じていいのかわからないまま、ただ流されるようにネットサーフィンしていると

いつのまにか漠然と不安になり、意味もなくユウウツな気持ちになったりしませんか?

 

ネット上の世界は、誰でも自由に情報を発信できる世界。

それはとても便利な反面
間違った情報も瞬時に広まってしまう可能性があります。

そして、ネット社会はこれから拡大することはあっても

収束することはないと思われます。

 

だからこそ、ひとりひとりが
情報の根拠
情報発信者の意図を確かめつつ

情報の質を見極めることが重要になってきます。

 

もっとわかりやすく言うと

自分の幸せにとって必要な情報
慎重に選ぶこと
が大切になりますよ、ということです。

 

「なんかすごい」
「なんか怖い」

で思考停止したまま行動する人が増えると

衝動にまかせて拡散された間違った情報が、たくさんの人に広がってしまうことがあります。

 

特に、ぼーッと受け身のまま文章や動画や音声に触れていると

いとも容易く、発信者の意図に流されてしまいます。

 

どんな情報に触れるときも常に

「この人(この機関)は、どこからこの情報を得たのだろう?」

「この人(この機関)はなぜ、この情報を発信しているのだろう?」

と考えることが大切です。

 

その思考を繰り返すことで

自分にとって重要な、本質的な情報を選び取るチカラが磨かれていきます。

裏付けのない情報をむやみに拡散しない。

不安は感じていい。でも衝動的な行動はNG

有名な人がツイートしていたから。
芸能人がリツイートしていたから。

という理由だけでも、情報は広がっていきます。

人は不安になると何かにしがみつきたくなり

目の前に感情を揺さぶる情報があると、つい飛びついてしまうもの。

 

しかし「不安」そのものが悪いわけではありません。

ポジティブな感情であっても、ネガティブな感情であっても、自分が感じた感情は大切にしていいのです。

ただ、感情から目を背けたまま、衝動的に動いてしまうと

望んでいない結果を招いてしまうことがあります。

 

だから

もし何かの情報を見て、慌てて行動している自分に気づいたら

勇気をもって、一度立ち止まること。

「その情報に触れて、自分がどう感じたのか?」

を、落ち着いて確かめましょう。

 

まずは深呼吸。

 

そして、自分が何を感じているのか?

自分の心に意識をかたむける。

 

そんな習慣をもつのが理想です。

 

 

そして、じっくり感情を感じた後に

「自分がほんとうは何をしたいのか、どうすべきか」

を再確認しましょう。

 

さいごに

 

何か大きな困難に直面したときに

 

内側の葛藤への対処法や
強いストレスを感じたときの自分の癒し方を知っていることと

外側の情報を鵜呑みにせず、
自分なりにリサーチする習慣をつけることは

ますます重要になってきそうです。

 

自分の内側と向き合う習慣も大切だし、

自分の外側の情報を精査する習慣も大切。

両方のバランスが大切なんだと感じます。

 

こういったバランス感覚は、これからの時代を生きる上でも、強力な武器になると感じますね。

 

 

剣れいや

 


プロフィール
>>>

「情報は自分の責任で選ぶ時代。いろんな情報に翻弄されてユウウツになってませんか?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です