【性】セクシャルなトラウマ。癒されない女性性の心の傷は、弱さではない

こんばんは、剣れいやです。

【参考記事】「性別」を捨てたあとに残ったもの

中性という性別をもつ私が

自身の人生経験をとおして、カウンセラー、セラピストとして誰かのためにできること、そして本気で情熱が持てることは何だろう…と考えたとき

その1つとして「女性性」というテーマにたどりつきました。

 

今回は少しディープに女性性について語っていこうと思います。

 


最近よく、女性の性的な心の傷についてのお話を伺うことがあります。

性的なことで傷ついた経験がない女性のほうが少ない

という情報もあるくらいですが

 

そんなことが起こっている

この社会の現状って、一体なんなのだろう。と考えていました。

 

「内容的に、打ち明けられる相手がいなかった…」

「誰にも言えない辛い思い出がある…」

「相手を許せなくて、自分も許せなくて、でも許したい自分もいて、ずっと葛藤していた…」

 

様々な経験をされた、女性のお客様の話を伺っていくうちに、さらにその思いは深まっていきました。

 

意外だと感じるかたも多いかもしれませんが、実は「女性性の傷」で苦しんでいるのは、女性だけじゃないんです。

なぜなら、男性の中にも、エネルギーとして「女性性」が存在するからです。

 

男性の中にもある?女性性の傷

私がその昔、組んでいたバンドメンバーの男性は、幼い頃に見知らぬ男性にされた、ショックな性的体験を語っていました。

 

生まれ持った包容力のある、感受性が豊かな優しい男性ほど、女性性の強い人であるため

ストレスや攻撃性をため込んでいる人から、暴力的なエネルギーを受け入れるための器として利用されてしまうことがあります。

それによって、肉体的、精神的に関わらず、幼少期になんらかの形で「女性性」の部分に傷を負っていることがあるようです。

 

「女性性」という「受容する性質」つまり

深い優しさや共感力を持っているがために

人を押しのけて戦い、のし上がることに抵抗がある。

そんな方ほど

この競争社会の中では、誰かの爆発してしまったエネルギーを受け止める役になりやすいのではないかと思います。

 

こういう話をすると、加害者、被害者という立場の話になりがちですが、そうではなく

実は加害者、被害者という概念が生まれること自体が、大きな意味での社会システムを起因としているのです。

 

社会のシステムが原因である以上、

誰かが問題で、

誰かを責めればいい

誰かを改心させればいい

という事では無くなってしまうんですね。

 

罰則を設けて取り締まっても犯罪は無くならないことからも、それは明らかです。

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

自分以外からは何も変わらない

社会を変えるには、社会の最小単位である

自分が、まず、変わる。

そこからスタートしなければ、どんなに望んでも願っても苦しんでも誰かを責めても、社会は変わりません。

 

そのために大切なのは、まず自分が、被害者であることをやめるということ。

 

「そんなこと言ったって、あのとき酷い目にあったのは事実だ!!あいつが正真正銘の加害者だ!」

 

本当にそう思います。

 

私も「絶対に許せない」と思っていたことがありますから。

「なぜ、私が受け止めなければならなかったのか!?」

その怒りと苛立ちは、消えることはありません。

 

では、なぜ、そんな悲惨な事実が起きてしまったのでしょう。

そこまでして相手を全身で受け止めてしまう『女性性』とは一体なんなのでしょう?

 

【女性性】とは何かを解き明かす

受け入れるパワー、育むパワー、存在のパワー

ただ「在る」ということの価値を知っている、揺らぐことのない強さ…。

 

もっと言うと、

自然界や宇宙、すべての源とつながっているパワー。

 

女性性が、そんな広大なエネルギーとつながっているというのは、一体、どういう事なのでしょうか?

 

女性性という性質の中に

「無条件」「境目がない」「慈悲」というキーワードがあります。

それは、自分と他人の境目がないということ。

相手の痛みを、自分の痛みのように受け取り
相手の苦しんでいる理由が何であるにせよ、ただ無条件で受け入れます。

 

女性性の強い人は、目の前の人間がどんな理由で怒っていようが、どんな魂胆をもっていようが、どんな犯罪者であろうが、深い部分では動じていません。(意識の部分では動じているように感じます)

なぜかというと、女性性の強い人は
人の怒りの根底には底知れぬ悲しみがあることを無意識下で知っている。

そしてその悲しみに対する理解がある。

つまり慈悲のパワーがあるから。

それは、究極的に、相手と自分は同じものであると認識しているためであり、相手のどんなエネルギーをも受けとめ、どんな過激なエネルギーも吸収することができてします。

 

しかし!ここからが本題です。

 

エネルギーとしてみれば「そうなります」で終わりですが、

 

その現象が人と人の間に強制的に起こるようなことになれば、
エネルギーを受け止める側にとっては許すことのできない屈辱であり、社会的に見れば犯罪です

 

こまれでの世の中は、肉体的暴力のみが犯罪として認識されてきましたが

最近は、精神的暴力(モラルハラスメント)も犯罪として扱われるようになってきました。

 

私たちは一個人として生きている、感情を持った、血の通った、生身の人間です。

いくらエネルギー的に受け入れることが出来てしまうとはいえ

「お前の怒りなんか知ったことか!私に八つ当たりすんじゃねえ!!」

というのがホンネじゃないですか。

 

そして、一度でも受け入れるという屈辱を味わってしまうと、今度は本当に大切な人を受け入れる喜びをも封印してしまうことになります。

怒りをぶつけてきたそいつのせいで、そいつと関わらなくなった後の人生の喜びまで奪われるなんて、冗談じゃないですよね。

 

女性性の時代に君臨せよ

これからくる未来は、男性性優位の時代が終わり、女性性の時代であると言われています。

 

自分の中の『女性性』を徹底的に癒し

のびのびと解放して、楽しんで、謳歌する

 

これからの時代、そういう生き方が大切だと言われています。

 

でも、過去のモヤモヤした思い出を封印したまま、その時代に突入しても

自分の中の女性性がクローズアップされるたび、こころの奥底に封印したはずのイヤな思い出がライトアップされて見えてくるばかり

 

思い切り楽しむ事も出来ないし、あふれる豊かさも受け取りにくくなってしまいます…。

 

今現在、もし

□人間関係やパートナーシップに問題が発生している…

□頑張らず苦労もせずに、豊かに幸せになっている人を見るとイライラする。

□これまでのようにお金が回らなくなっている…

□楽しいことをしているはずなのに、心の奥底にシコリのようなものを感じる…

□性や恋愛に対して、苦手意識がある。

 

と感じるような場合は、

自覚がないとしても、遠い昔に、女性性で傷ついた経験があるのかもしれません。

 

 

ずっとひとりで、誰にも言えず

抱えていること、ありませんか?

誰にも言えず、ひとりでずっと抱えている自分を、

弱いとか、無力だと思っていませんか?

 

誰にも言えなかったのは、

あなたが弱かったからではないんです。

誰にも言えなかったのは、

あなたが強かったからです。

 

あなたの中の、力強い女性性が

ずっと、痛みを受け止め続けていたからです。

 

相手のパワーをしっかり受け止めて、

それをしっかりと永い間、自分ひとりで持ちつづけるなんて

あなたが強くなければできません。

 

あなたには、とてつもなく深く大きな器と

女性性という観点での強さがあるのです。

 

一瞬でも良いです。

あなたに危害を加えた人に意識を向けつづけるのを、やめてみてください。

あなたの心をめちゃくちゃにした人を見つめ続けるのを、やめてみてください。

 

そして、自分がどれほど大きく、豊かな器をもった強い存在なのか

そして、その大きな器に、どれほどのものを許し、迎え入れていたのか

その、自分自身の痛みを、悲しみを、苦しみを、

すべて感じてあげてください。

いたわってあげてください。

 

これまで放置してきた、

あなたの強く優しい、大きな器は

あなた自身に無視されることが、一番つらいのです。

 

これまでずっと、他人を受け入れるために頑張ってきたんだから。

今度こそ、自分だけに意識を向け、大切にしてあげてください。

 

「私が自分だけに意識を向けてしまったら、今身近にいる大切な人はどうなるの?」

 

そう感じるかもしれません。

でも大丈夫。不思議な感覚かもしれませんが

 

あなたが自分を大切にして満たすほど、あなたの大きな器にはエネルギーが溢れ、あふれてあふれてこぼれたものが、勝手に周りの人への喜びになります。

あなたが自分自身に与えるほど、周りは勝手に恩恵を受けるんですよ。

 

これまで幸せな人を見てイライラしてきた人は、無意識に幸せになることに恐怖を覚えていたりします。

だから「もしかしたら、私も幸せになっていいのかもしれない」と、少しずつ自分を許してあげることを心がけてみてください。

まず、自分を大切にすることからはじめましょう。

 

もし、あなたが自分を大切にしはじめたとき文句を言ったり、邪魔したり、厭味を言って冷やかしたりする人がいたら・・・

そんなときは、一度立ち止まって、考えてみるチャンスかもしれません。
その人と関わりつづけることで、自分がどういう状況になっているのかを。

 

あなたのことを本当に大切に思っている人は、あなたが自分を満たし、幸せになっていくことを嫌がったりはしないはずですから。

 

戦うのをやめて幸せになる

これからの時代は、女性性を生かして豊かさの流れを生みだす時代。

 

男性性優位の、バリバリ戦って勝ち取る時代は終わりました。

 

女性性を活かして生きる人々が、戦うことをやめた世界で自然体で生きていく時代です。

 

そんな背中を見た、戦う世代の人々は、衝撃をうけるかもしれません。

 

笑顔で楽しそうに豊かになっていく姿にショックを受け、戦わずして豊かになっていく人々を、不真面目だと責めるかもしれません。

 

でもきっといつか

 

ひとり、武器を降ろし、

またひとり、武器を降ろし

すぐにみんなで笑顔にはなれなくても

そうやって自分の幸せに向かって生きる道を選ぶ人が

増えていくのだろうな、と感じています。

 

 

まずは日常の中で、ちょっとだけ自分を大切にする習慣を。

忙しいなら、1日のうち5分でもいい。

いや、3分でも、1分でもいいから

自分のためだけの時間を作ってみてください。

 

続けることで、必ず変わっていきます。

 

 

女性性を癒すためにどうすればいいのか?
女性性について具体的に説明した記事はこちら。

【関連記事】自分より相手を尊重するって本当に良いこと?バランス崩すと苦しくなる!エネルギーとしての女性性と男性性

 

男性性について、詳しく知りたい方はこちらがおすすめ。
【男性性】男性性でバランスを崩すと仕事中毒になる?女性性と男性性のバランスについて、性別のないカウンセラーが解説

 

剣れいや(つるぎれいや)

はじめての方へ。
つるぎれいやのプロフィール

お問い合わせはコメント欄、またはこちらのフォームから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です