つながってますか?いちばんシンプルな、ココロとカラダの声。

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

いつも頭の中で繰り広げられる、ごちゃごちゃした声。

その声にジャマされて、ココロとカラダの声がかき消されている。

そんな日常。

 

それに気づいたとき、余計なものをどんどん手放したくなります。

 

 

私は過去、自分とつながれずに苦しかった時期がありました。

 

ずっと不安で、でも、なにが不安なのかもわからなくて、ずっと色々なものにしがみついていた。

だから余計なものを、たくさん持っていた。

 

そんな気がします。

 

私が本気でいろいろ手放そうと決めたのは、2011年の震災がきっかけでした。

 

これまで電気に依存していんだなーと感じたので、火鉢で火を起こしてみたり、炊飯器をやめて、お鍋でご飯を炊いたり、という試みをはじめました。

バーベキューの記事でもそれに関したことを、ちょこっと書きましたね。

当たり前だと思って使っていた炊飯器を手放し、自分の感覚でご飯を炊くのは最初は大変でした。

でも、一度カラダが覚えて慣れてしまえば、あとは感覚でできるので楽になりました。

今の私は、このストウブという鋳物の鍋ひとつで生きています。(笑)

 

もうひとつあった。

一枚の鉄で作られたシンプルなタークのフライパン。というかグリルパン?

これを買ったのは、テフロン加工のフライパンが消耗品なのに気づいて、一生モノを買おうと決めた時期でもありました。

 

一生モノということは、使い捨てないということ。

それは同時に、そのモノと仲良くなって、ケアしつづける必要もあるということです。

シンプルなものって、その素材に合った使い方をしてあげるとすんなりいくのに、それと少しでも違うことをすると急に頑固になる、、

仲良くなるまでは時間がかかります。

 

だからこそ、馴染んだときには気心知れた間柄になって、自然にコミュニケーションがとれる。

一生モノになるって、そういうことだと思います。

シンプルな自分に出会って、その自分を理解しつつ、和解していくプロセスも、これにちょっと似ているなと感じます。

頑固なんですよ、シンプルな自分って(笑)

だから、向き合っているとすごく体力がいるし、感情も出てくる。疲れてくる。

そんなとき、カラダが「〇〇食べたい」と言ってきたら、ちゃんと聞いてあげる。

けっこうシンプルなものを食べたがっていたりするんですよね。

ふかしただけの、おいもとか。

自分と向き合う時期はたくさん感情が出てくるし、体力使いますから、消化のいいものをたべて、水分をしっかり取りましょう。

無理はしない。

この時期だけは「これは甘え過ぎかな」とか、そういう遠慮がいちばんよくないです(笑)とにかく自分にやさしく接してしてあげてください。

自分の限界まで挑戦して、結果をみる時期と、じぶんをゆるめて解放してあげる時期。

どちらも大切。

 

 

つまり

男性性エネルギーをメインに使う時期

女性性エネルギーをメインに使う時期

があるってこと。

 

しっかりケアできたら、焦ったりしなくても自然と動けるようになります。

じぶんをケアするプロセスは、一筋縄ではいかないことも多いけど、試行錯誤している時点で、少しずつ前に進んでる。

だから大丈夫なんです。

 

女性性の強い人は、無意識に遠慮してしまいがちだと思います。

でも、そのままにしていると苦しくなります。

 

今はがんがん動けないな、と感じるときは

ココロとカラダをゆるめて自然体になる時期です。

 

思うようにいかないときこそ、ぜひ、抱えていた気持ちを外に出してあげてくださいね。

 

剣れいや

★はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

 

「つながってますか?いちばんシンプルな、ココロとカラダの声。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です