鏡もちクッキーをそれっぽく演出してみた。「らしさ」は引き出してこそ輝くよね

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

前回の記事でミニチュア鏡もちのようなメレンゲクッキーをご紹介しました。

【過去記事】もちですか?いいえ、クッキーです。ミニチュア鏡もちクッキー

もちですか?いいえクッキーです。ミニチュア鏡もちクッキー

この記事に載せた大量に並ぶ鏡もちクッキーの写真を見ていて、私は急にもどかしくなったのです。


「これはこれで可愛いんだけど、なんだかもったいない気がする。せっかく鏡もちのフォルムを再現しているこのクッキー。演出次第で、もっとこの子の内面からにじみ出る鏡もちっぽさを出せるはずだ。そしたらもっとムダに可愛いにちがいない!」

 

突如として、アイドルプロデューサーのような謎の使命感に火がつきました。

 

そして私は、鏡もちっぽさを出すための演出をすることを決意しました。

 

どうだ!

 

うん、独りででーんと構えているほうが鏡もちっぽい!

 

すると、それを見ていた 鏡ざゆら氏が、鏡もちを乗せる台「三方(さんぽう)」を作り始めました
※三宝と書くこともあるらしい。

 

鏡もちの供え方には厳密にいえば色々と意味があるみたいですね。

ウラジロ、四方紅とか・・

しかし今回は正式なカタチよりも、モチっぽいこのクッキーが映えるような感じを優先してみることに!

 

 

そしてパワーアップした演出がこちらになります。

 

Photo by Zayura Kagami

「・・・なんだ、鏡もちか。」

 

っと言いたくなるくらい鏡もちっぽくなりました。
もうクッキーらしさはどこにもありませんw

 

オレンジ色のマーブルチョコをダイダイ(今はだいたいミカンか)に見立て、グリーンのチョコでヘタをデコレーションしているとのこと。

 

手のひらサイズよりも小さい、指先サイズの鏡もちクッキーでした。

Photo by Zayura Kagami

 

 

そのモノ自体の魅力って、もともと備わってる。

でも、それを引き出してこそ、輝きが増すよね。

 

演出とは、らしさを引き出すこと。

 

剣れいや でした。

 

 

じゃんじゃん。

 

 

 


★はじめての方へ
プロフィール

★ 最新情報レター

「鏡もちクッキーをそれっぽく演出してみた。「らしさ」は引き出してこそ輝くよね」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です