今より「良く」なろうと思ってると、幸せになれない?

 

幸せになりたいと思う時

 

無意識に、

「今は最悪」だと思ってる。

 

今が最悪だから、今より「良く」なろうとする。

 

 

 

それは、思い切って

最初に何かをはじめるときの

原動力には、なるかもしれない。

 

 

でも、最後に、あなたを幸せにするのは

「良くなる」こと、それ自体ではない。

 

 

最後の最後に、あなたを幸せにするのは

 

今より良くなることではなく

現状に「とらわれない」こと。

 

そして「今」に集中すること。

 

 

「良く」なるというのは、ただの結果だから。

 

 

 

たとえ、どんな状況であったとしても

「今」この瞬間に集中し、

状況に「とらわれない」ことが重要なんだ。

 

 

そして、言葉では何とでも言えるけど

それが一番むずかしい。

 

 

状況に「とらわれない」ためには

まず、状況を受け入れた上で

 

今に集中する

 

 

 

現状を理由にして、あきらめてしまう時は

「今」という貴重な

エネルギーの源が

ないがしろにされている。

 

だから、情熱が枯れ果ててしまう。

 

「今」とつながって、

情熱の火を絶やさないでいられれば

 

たとえ、うまくいかない状況に直面したって

幸せに向かって、一直線に進んでいくことができる。

 

 

 

いまの状況を「受け入れられない」ままだと

自分を嫌ったまま、走り続けて

自分を痛めつけてしまう。

 

 

 

幸せになりたくて、なれなくて

苦しくて、

絶望している時

 

 

 

誰かと比較して

誰かを責めて

何もかも投げ出したくなる

 

そんなときほど

 

 

悲しいほど純粋に

どんなときも、片時も離れず

 

あなたに寄り添ってくれている

「今」に気づくことが、鍵なんだ。

 

 

「今」は、決してあなたを裏切ることなく

すべての可能性を秘めたまま

あなたに寄り添いつづける。

 

あなたが、

過去や未来に目を奪われ

誰かの栄光に釘付けになり

嫉妬と苦しみと絶望に、のたうちまわっているときも

 

 

いつか、気づいてくれると、

あなたを信じている

けなげな「今」に気くことさえできれば

 

自分の中心から湧き出すように

情熱が溢れてくる。

 

目の前の世界が、色鮮やかに広がりはじめ

これまで自分の目が

くもっていたことに、ようやく気づく。

 

 

「今」は、

自分の中心との連絡通路。

「今」この瞬間こそが、あなたの人生のすべて。

 

 

一瞬一瞬を

「今」に集中させ

時間が止まるくらい

密度を高めていく。

 

密度が高まると

そのエネルギーはやがて

結晶化しはじめる。

 

 

だれにも真似できない、

あなただけの「今」の結晶が現れ始めた時

 

それは、過去にぼんやりと描いていた

「今より良くなりたい」とかいうレベルの次元ではなく

 

 

唯一無二の、

誰とも比較できない

オンリーワンであるあなたの人生に

 

シフトしている。

 

 

 

そのとき、ようやく

これまでずっと追い求めていた「幸せ」は

 

ずっとあなたと共にあった「今」を中心に

自分の足元から、

外側の世界へと、広がっていたことに気づくんだ。

 

 

これが、結果として「良く」なったってこと?

 

 

私は、そんなレベルの話じゃないと思う。

 

だから、

「世界が変わった」んだと、表現したい。

自分の世界は、自分の手で、変えられるのだから。

 

 

剣れいや(つるぎれいや)

 

 


★はじめての方へ
剣れいやのプロフィール

「今より「良く」なろうと思ってると、幸せになれない?」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です