なぜかいつも損してる?本当はもう頑張りたくない、女性性の強いあなたが隠しもつ2種類の男性性

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

 

 

いつもいつも、他人のために

頑張っているあなたへ

 

喜ばれると、

私、いいことしてるなって思う・・・

こんな私でも、必要とされているんだ・・・」って思う

 

そう思うと

嬉しくなって

 

また他人の要望に応えてあげる。

 

それを繰り返しているあなたへ

 

とても伝えたいことがあって、

 

この記事を書いています。

 

 

 

「〇〇さんは、優しい人だよねー」

「一緒にいると、安心する~」

「ねえねえ聞いてよー。今日さ、ムカつくことがあってさー」

「こんな話聞いてくれるの、あんたくらいだよー」

「こんな私を分かってくれるの、あなただけだよー!」

 

そう言われ・・

 

友達から

しょっちゅうお茶に誘われたり

呑みに付き合わされたり

ことあるごとに、呼び出されたり

夜中に電話かけてきた友達の、グチや長話を聞いてあげたり・・・・

 

いろいろなコトを、受け入れまくっている。

だから、自分のためだけの時間が、とっても少ない・・・

 

そんな、あなたへ。

 

 

 

「〇〇さんにいいと思って、買ってきちゃった!」

「わたしがすごく気に入ってるから、〇〇さんにもあげようと思って!」

 

と言われると

いらないモノでも、受け取ってしまったり

 

その人の気持ちを考えると

もらったモノを、捨てられなかったり・・・

 

おかげで部屋は

もらったモノであふれて

本当は好きでもないモノに囲まれて生活している。

だから、本当に好きなものを置く場所がない・・・

 

そんなふうに、いろいろなモノを、受け入れまくっている、あなたへ。

 

 

さらに・・

 

本来なら、あなたがやる必要のない仕事も

「私でお役に立てるなら・・・」って

引き受けてあげたりして

 

「〇〇さんは頼りになる、良い人!」

って評価されるから、嬉しくて、やる気が出て

また、他のことも引き受けたりして・・・

 

余計な仕事まで、受け入れまくっている・・・

 

ほんとうは、

あなた自身の人生とは、ぜんぜん関係ないこと

たくさんの時間を使っている・・

 

そんな、あなたへ。

 

 

「いい人だね」って言われるコミュニケーションを続けていると

たまに、こんなこと、ありませんか?

 

「会って話しているときは楽しいんだけど、話が終わって別れると、ドっと疲れが出てくる」

「休みの日や、家にいる時に、意味もなく無気力になってしまう」

「とくに理由もなく、体調を崩しやすい」

「たまに、思い出したようにムカムカしてくることがある」

「ふとした瞬間に、なんで私ばっかり・・・!?ってキレそうになる」

「具体的に何かをされた訳ではないので、私が感じている気持ちが間違いなのかも?と思う」

「私がおかしいのかもしれない。こんなこと思うのは変だ。感じなかったことにしよう、と思う」

 

そして、自分の気持ちを感じないように封印して

また誰かのために頑張っていると、

最終的には、こんな状態になります。

 

 

何がしたいの?と聞かれても

「自分が何がしたいのか、分からない」

 

何を感じた?と聞かれても

「自分が何を感じているのか、分からない」

 

どうしたいの?と聞かれても

「自分がどうしたいのか、分からない」

 

モヤモヤしすぎて

なんだか分からないけれど

このままじゃ嫌だと感じる。

 

でも

頭がモヤモヤしているから

考えてもきりがない。

 

ついには

考えることが面倒になって

ぜんぶ誰かに任せてしまう。

 

ことあるごとに、

誰か意思の強い人に

判断を任せてしまう。

 

 

そこには

選択する自由も

判断する自由も

考える自由も

感じる自由も

行動する自由もない

 

これって、どういう状態だと思いますか・・?

 

 

 

こう書くと、もしかしたら、

嫌な気分になる方もいるかもしれません。

 

 

でも、私のブログの読者の方は、

「もう無理!本気で人生をなんとかしたい!」という方が大半です。

 

そんな方々が、なぜ私のブログに毎回来てくださるのか?

 

それはおそらく、

誰も言ってくれなかった、真実を知りたいから

なのではないかと

 

私は感じています。

 

だから、

 

耳障りのいい、

表面上の言葉など求めてはいらっしゃらないと思うので、

はっきり言います。

 

 

選択する自由も

判断する自由も

考える自由も

感じる自由も

行動する自由もない

 

 

それは

 

 

奴隷です。

 

 

 

自分の意思で動けない、

奴隷の状態なのです。

 

 

 

自分の意思をもつことを許されず

自分の考えをもつことを許されず

自分として感じることを許されず

自分として行動することを許されない。

 

権力やお金をもつ「誰か」の意思で動き

説得力のある「誰か」の考えに従い

 

その「誰か」にとって都合が悪いならば、

先に空気を読み

自分が深いところで感じているホンネも封印し

誰かの意向のままに行動し続ける。

 

自分ではない

誰かの意思

操られるだけ。

 

自分の人生を生きられない

奴隷になってしまっているのです。

 

生まれてからずっと、誰かや社会の奴隷だった私

 

ここまで色々な

「心のつぶやき」を例にあげて書いてきましたが

 

これは、実はすべて

私の人生で経験してきたことです。

 

私は、「無害な「良い人」であろうとすることで

「こんな私でも、必要とされているんだ」

と、自分の存在不安をごまかすように、生きてきました。

 

今思えば

ただひたすら不安だった」

それだけでした。

 

そして、当時の私は、こんな思い込みをしていました。

私には、存在しているだけでは価値がないんだ。

 

だからきっと

私が、

誰の役にも、

何の役にも立たなかったら

 

私は無価値なものとして、

暴力を振るわれ、人権を無視され

道端にゴミのように捨てられてしまう。

 

だから、なんとしてでも、ひとの役にたつんだ。

なんでもいいんだ。

できることは全て引き受けて

役に立とう。

 

立派な人間として、評価されなくちゃ。

そうでもしなければ、

私は存在が希薄だから

みんなに無視されつづけるだろう。

 

そしたら

私の言葉なんて、誰も聞いてくれないんだ。

 

もし、役に立たなかったら、

透明人間みたいに

居ないことにされちゃう。

 

居ても居なくてもおんなじなんだ。

私には「そのままでは価値がない」んだから。

 

そんなの嫌だ!

だから、頑張ろう!

みんなに幸せになってもらえれば

きっと、

価値のない私だって、愛されるはずだ。

 

いや、まてよ

愛されるだなんて、高望みしすぎだな・・・。

 

だって私には価値がないんだもん

愛されるワケないか。

 

じゃあ、せめて

嫌われないでくれればいい。

みんなが私を嫌わないでくれたら、それでいいや。

 

だから、無害で、無抵抗な、

「いい子」でいよう。

 

どんな頼みも

「いいよ」って受け入れて

いつも笑顔でいれば

きっと、嫌われないで済むはず。

 

私が我慢すれば・・

私が我慢しさえすればいいんだ・・・!

 

そして私は、何十年という歳月を

その考えのまま、過ごしました。

 

みんなにとっての

便利な人として。

 

 

何かおかしい、疲れやすい。。?

とは感じていました。

 

ひとりでいると、

原因不明のダルさと、無気力が襲ってくる。

たまに、発作のように、号泣する。

 

いちど感情があふれだすと、自分で止められないから

余計に「感情」が怖くなる。

 

でも、はっきりとした原因が分からず

 

病院に行っても

「おそらくストレスでしょう。無理せずゆっくり休んでください」

と言われるだけ。

 

そしてある日いきなり

「これ以上生きていても仕方ない」と感じ

あきらめに近い自殺衝動まで起こるようになりました。

 

私は、さすがに自分の状態が

これ以上は無理な

ヤバいところまで行ったのだと気づき

 

「このままだと、自分が何をするか分からない!」と感じました。

とても怖かったのです。

 

 

 

ほんとうに、緊急事態だと感じました。

 

 

直観的に、このままの人生じゃマズいのだと思いまいした。

 

 

 

ピンとくる本を読んだり

ネットで情報収集したり

セラピー、ヒーリング

いろいろ試しました。

 

 

 

そして、とうとう、あることに気づいたのです

 

それは

私が長い間

 

怒りを封印し、

考えることを放棄してきた

 

という事実でした。

 

「怒り」と「思考」という2種類の男性性

 

「怒り」

それは、

 

危害を加えられたり

不快な思いをしたときに

自分の命を守るために発揮される

衝動的エネルギーです。

 

野生動物が当たり前に持っている

生き延びるための生命エネルギー

それが怒り

 

怒りを感じないように麻痺させていたら

生きる喜びも、情熱も、感じられなくなってしまいます。

 

 

そして、

考えるという行為を司る

思考というエネルギー。

 

「考えるな、感じろ」

という言葉を聞くこともありますが

それだけでは危険だと思います。

 

感覚だけで生きていて

バランスを崩している時は

感覚的に受け取ったものを

思考」を使って整理する必要があるからです。

 

怒り(生き残るために、身を守るエネルギー)と

思考(感覚でうけとったものを整理するためのエネルギー)

この2つの男性性のエネルギーを使いこなせるようになると

 

コントロールされるだけの人生から脱出し

自分の意思で、自分の人生を切り開けるようになります。

 

次の記事では、

私自身が2つの男性性エネルギーをどう使ったのか

どうやってコントロールされるだけの人生を断ち切ったのか

それらを、私の経験を交えてお伝えします。

 

【次回】「怒り」と「思考」で人生は変わる。不当な扱いには怒り、不快ならば去る。男性性を使って自分を守るには?

 

剣れいや(つるぎれいや)

 

 


はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

 

9/7 おしらせ
現在、当サイトはリニューアル工事中です。
表示が見づらいときはページを更新していただくか、時間をおいてアクセスしてみてください。

「なぜかいつも損してる?本当はもう頑張りたくない、女性性の強いあなたが隠しもつ2種類の男性性」への 1 件のコメント

  1. 過去の記述からも、
    学べるものは、たくさんあります。

    他では得られないものが、ここにはあるんだなと、それからブログを読み始めたような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です