ザ・ヴィランズワールド2015 の歌詞を和訳してみた【 The Villains’ World 2015 】手下ショーの写真も載せてみた

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

 

私は東京ディズニーシーディズニーハロウィンが好きなのですが、中でも2015年のショー「ザ・ヴィランズワールド 2015」が自分史上、伝説レベルに好きです。

ダークだけどキャッチー。でも品格がある。遊びごころも忘れてない。でもやっぱり悪役。やばいです。

 

この「ザ・ヴィランズワールド」あまりにも絶大な人気を誇ったため、2017年までの予定だったにもかかわらず、ついに 2018年の開催が決定したそうです。

毎回違った見所があるザ・ヴィランズワールドですが、今度こそ見納め!2018年は一体どんなショーになるのでしょうね。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、

「The Villains’ World 2015」の歌詞を自分なりに和訳してみたものがあったので載せておきます。

 

直訳だと世界観が出しきれない部分は、雰囲気重視で意訳っぽくしてますが、基本、原文に忠実に訳そうとしてみました。

 


The Villains’ World 2015


Take a step into the darkest night

This is where the villains shine their light

With passion – so strong

 

最も暗い闇夜へと一歩踏み出すがいい

そこはヴィランズ達が自らを輝かせる場所

情熱的に、力強く…

 

Knock out elegance beyond compare

Piercing beauty with the midnight flair

Their fashion – dead on!

 

比類なき圧倒的な優雅さ

刺すような美しさは真夜中の閃きと共に

彼らの装いは、まさにパーフェクト!

 

Who knows what charms lie ahead?

Gags born in worlds of the dead!

 

どんな魅力が待ち受けているのか、一体誰が知り得るだろう?

冥界で生まれるギャグの数々!

 

Welcome to the Villains’ World

They freely follow every dark ambition

While showing class beyond all recognition

 

ようこそ、ヴィランズの世界へ

彼らはすべての認知を超えた気品を漂わせながら

あらゆる暗い野心に、躊躇なく従う

 

Welcome to the Villains’ World

Their every move is cool and simply thrilling

To light the fire – They are

Willing, chilling, thriling Villains!

 

ようこそ、ヴィランズの世界へ

彼らの振る舞いはクールで、実にスリリング

火をつけるために・・

彼らは気さくで、ぞっとする、身の毛のよだつヴィランズ!

 

Now they sing their songs of art with ease

Voices purified by deepest seas

Please listen and sway

sense of humor that will make you smile

No taboos as they amuse with style

They’re wishing you’ll stay

 

今、彼らは雑作もなく、芸術の歌を歌う

最も深い海によって浄化された声

どうぞお聴きなさい、そして揺られなさい

あなたを笑顔にするユーモアのセンス

彼らの楽しみのスタイルにはタブー無し

彼らはあなたが居留まることを望んでいる

 

Who knows what charms lie ahead

Gags born in worlds of the dead!

 

どんな魅力が待ち受けているのか、一体誰が知り得るだろう?

冥界で生まれるギャグの数々!

 

Welcome to the Villains’ World

They freely follow every dark ambition

While showing class beyond all recognition

 

ようこそ、ヴィランズの世界へ

彼らはすべての認知を超えた気品を漂わせながら

あらゆる暗い野心に、躊躇なく従う

 

Welcome to the Villains’ World

Their every move is cool and simply thrilling

To light the fire – They are

Willing, chilling, thriling Villains!

 

ようこそ、ヴィランズの世界へ

彼らの振る舞いはことごとくクールで、実にスリルに富んでいる。

炎を輝かせるために・・

彼らは気さくで、ぞっとする、身の毛のよだつヴィランズ!!

 

They’re so surprising

One glance and you’ll see flames

That’s why the World know all their names

 

彼らは驚異的だ

一瞥すれば炎が現れる

だから世界には、彼らの名が轟く

 

Their fame is rising

That power does amaze!

Their grand view of the World

So worthy of praise!

 

彼らの名声は高まっている

そのパワーは驚嘆すべきものだ!

彼らの壮絶な世界観

それは賞賛に値する!

 

Welcome to the Villains’ World

They freely follow every dark ambition

While showing class beyond all recognition

 

ようこそ、ヴィランズの世界へ

彼らはすべての認知を超えた気品を漂わせながら

あらゆる暗い野心に、躊躇なく従う

 

Welcome to the Villains’ World

Their every move is cool and simply thrilling

To light the fire – They are

Willing, chilling, thriling Villains!

 

ようこそ、ヴィランズの世界へ

彼らの振る舞いはどれを取ってもクールで、実にスリリング

炎を輝かせるために・・

彼らは気さくで、ぞっとする、身の毛のよだつヴィランズ!

 


 

以上です。

訳しながらヴィランズの世界観を感じられ、とても楽しかったのですが、

 

一番感じたのは、

この歌詞書いた人、ほんっっとうにヴィランズが好きなんだろうな〜!

 

というコトでした。ヴィランズに対する絶賛度がハンパじゃないw

 

ちなみに、

 

Gags born in worlds of the dead!

冥界で生まれるギャグ

 

っていうところで、

 

ギャグて・・・・www

と思って調べてたら

 

Gags=「猿轡」の意もあり

 

ということが判明したのですが

さすがにディズニーで「さるぐつわ」は無いだろうと思って普通に「ギャグ」にしました。

 

「実は掛けてた」とかだったら面白いですね。でも冥界で猿轡は生まれないだろうし、まー、スラングは調べてもあんまり分からないし。

(きっとハデスさんのギャグのことだろう)

 

思い出深き、2015年のザ・ヴィランズワールド。
ちょっとハマりすぎていたのもあり、会場のアナウンスから本編までぜんぶ文字起こししておりました。(なにやってんだw)
しかも文字の起こし方がすごいテンションです(笑)
記念にPDF化して置いておきますね。

ダウンロードは下からご自由にどうぞ♪
(ちなみに文中の「チデ」とはチップさん&デールさんのことです)

2015villainsworld

 

そ し て

 

 

2015年、ザ・ヴィランズワールドに併せて開催された、

伝説のアトモスフィアショー「手下ショー」を初めて観たときの

記念すべき写真が残っていたので載せておきますね。

 

2015年は、この魅力的な手下たちにも、魅了される人が続出でしたね。

こんな素敵なキャラクターの面々にリクルーティングされたら、うっかり全てを捨ててついて行っちゃうかも(笑)

 

ではでは、長くなりましたがお付き合いいただきありがとうございました!

 

剣れいや(つるぎれいや)でした。

 


今年もやってます。

【ハロウィン期間限定コラム】
闇と情熱のテーゼ

今年は謎の商人が・・・

 


その他の記事

【ノートルダムの鐘】のヴィランズ。フロロー判事の恋??女性性と男性性のバランス

 

 

 


 

剣れいや

 

 

★はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

「ザ・ヴィランズワールド2015 の歌詞を和訳してみた【 The Villains’ World 2015 】手下ショーの写真も載せてみた」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です