自分内探検とバトル。長旅からの復帰。

こんにちは。
剣れいや(つるぎれいや)です。

 

自分内探検から還ってきました。

自分内探検とは

私が行っている「内省のひとつのカタチ」です。

 

自分の内側にヒントをみつけに旅に出るのです。

 

私はよく、未来が見通しにくくなった時に、自分内探検に出かけます。

そこにはいつも、解決のヒントがあるからです。

 

今回はちょっと長旅になりました。

 

過去の記憶をたどり、見つけたのは

消えかけていた、くすぶる火種でした。

 

その火を消そうとしている存在との対峙、心理戦が巻き起こり、自分内バトル勃発でした。

 

ここでお話している「火」とは、

自分の内側の情熱の火のことです。

 

私たちが今生きている資本主義社会では、

外側から焚きつけられる「恐怖心や欲望を喚起するメッセージ」に煽られて沸き起こる衝動を情熱の火だと思ってしまいがちです。

 

でも、本物の火は、自分の奥深いところにある火だけです。

 

内側の火が消えてしまった時

無気力になり、鬱々としてきて

生きている感覚に乏しくなって

 

何かを渇望するような感覚になり

外側に強い刺激を求めてしまうのです。

 

 

もっと簡単にいうと

内側の火が消えたとき

外側の情報に振り回されやすくなるということです。

 

 

だから、自分として、自分の幸せに向かって生きる場合

内側の情熱の火が消えてしまうのは、残念とかのレベルではなく、危険なことだと私は思っています。

 

 

内側の火が原動力になっていると、自分の知性もちゃんと使いこなせるんですよね。

今の自分に必要なこと、不要なことを見極められる。

 

でも、外側からの火にあおられていると、焦るような落ち着かない感覚のまま、アドレナリンだけで走っているみたいになる。

これはまるで、脳内の虚構の世界をレーシングカーで突っ走ってグルグルしているようなものです。

これだと何処へも行けない。

 

だから自分の思考が曇りそうな予感を感じると、私は自分内探検に出かけるのです。

常に視界はクリアにしておきたいからです。

 

 

 

しかし今回は体感的に長かった。

「まだ・・なのか・・・」という感じ。

 

でも、戻ってくることができました。

 

 

今回の戦いは、かなりこたえたので

久しぶりに、自然の中でゆっくりしてみました。

 

 

新宿御苑は薄茶色の芝生と、まだ茶色い木々がほどんどでしたが

数本だけ、桜が咲いていましたよ。

 

ヒヨドリがたくさん居たので激写。

もうすぐ一斉に咲き始めるんでしょうね。

 

 

今年は私にとって、表現の復活の年。

ここ一週間くらい、暇さえあれば絵とか歌とか、パフォーマンスアートを実験的にやりつつ「自分の表現」の研究をしています。

 

自然の中だと、いろんな音が聞こえてくる。

 

視覚だけじゃなく、

音とか、体感とかもスケッチしてみました。

 

 

「カラスの声」を描く。

 

巷はウイルス騒動ですが、自分なりにできることをしっかりやって、後はなるべく自分にストレスをかけずに淡々とすごしています。

 

 

2020年の春は、一生に一度だけだから。

 

世の中をかけめぐる情報の刺激に惑わされず、目の前の事実をしっかりと感じながら。

 

一瞬一瞬を大切に生きていきたい。

 

 

 

剣れいや


プロフィール
>>>

「自分内探検とバトル。長旅からの復帰。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です