結果なんて、こだわらなくていい。自分をバージョンアップさせる継続の極意

結果なんて、こだわらなくていい。

 

色々あったが、今こうして生きている。

生きているからには、チャレンジあるのみだ。

 

様々な人の人生を見て思う。

 

継続していけば、方向性が見えてくる。

方向性が見えてくれば、改善ができる。

改善ができれば、結果が出始める。

結果が出始めれば、やる気が湧いてくる。

 

そこまでいけば、もう怖くない。

だから、まず、継続すること。

 

シンプルだ。

 

最初から完璧なんか求めなくていい。

 

 

たとえば、ブログで何かを伝えたいと思っている人のやることはシンプルだ。

自分がに対して、何で貢献できるのかが分かっていて

その誰かに、どうすれば届くのかが、おぼろげながらでも分かっているなら

そのどうすれば届くのかをひたすらトライ&エラーを繰り返しながら継続する。

 

きっとまだ緊張している。

行動することに対して、肩肘張っている。

 

継続しているうちに、緊張がほぐれてくるから大丈夫。

そこからが本番だと思っていい。

 

なんとなく、ナメられたくない、下に見られたくない、みたいな焦りがあるかもしれない。

でも、行動しつづけていくうちに、きっと杞憂だったと気づくと思う。

 

人間関係は鏡のようなものだ。

出会った人から、学ぶしかない。

 

 

あとは感謝されることにどうやって耐えるか。

存在を喜ばれることにどうやって耐えるか。

「自分なんて・・・」という感覚をどうやって解除していくか。

 

自分の無価値観や不安を受け止めて

目の前に広がる「成功」と照らし合せて

それらの矛盾を冷静に味わえるかどうかが鍵になる。

 

自分というやつは、本気になったら、いくらでもバージョンアップできるんだよ。

それが怖いんだ。

知らないバージョンの自分がね。

 

でも、次のバージョンの自分に会いたい。

 

ならば

 

「自分には何もできない」っていう

いまだに誤作動してる古い制御ソフトを、アンインストールしよう。

 

 

 

剣れいや(つるぎれいや)

★はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

「結果なんて、こだわらなくていい。自分をバージョンアップさせる継続の極意」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です