「私の怒り」へ。長い間待たせてごめんね。

 

怒ってたんだね。
ずっとずっと怒ってたんだね。

 

 

私は自分の味方でいられなかった。

 

いつも、ほんとうの気持ちを無視して

いつも他人の味方ばっかりして
そんな自分を正当化するために

ときには他人を敵視するかのように

外側ばっかり見ていたから。

 

 

ずっと怒ってたんだね。

ほんとうに長い間、待っててくれて

ありがとう

 

 

罪悪感の小道をたどって、ようやくみつけた。

こんなにも怒っていたのだ。

その理不尽さへの怒りを、わだかまりを
幼い体の内側に、持っていられなくて

外に出すことすら許されないと。

だから、自分が悪いことにして
怒りを封印した。

 

怒りを封印するための「罪悪感」だった。

 

 

これまでは自己分析で終わっていたかもしれない。

あのときは
「怒っていたなー」と。

それは客観視しているだけ。

 

 

今、君の怒りは私の怒りだ。
私は怒っている。

 

今私は、あのときの怒りに耐えららなかった君が生き直すことを選ぶ。

今私は、あのときの怒りに耐えられなかった自分が生き直すことを選ぶ。

自分自身が、生き直すことを選ぶ。

 

 

剣れいや

 

 


はじめての方へ
つるぎれいやのプロフィール

「「私の怒り」へ。長い間待たせてごめんね。」へのコメント

コメントはありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です